L'ovest FarmL'ovest Farm ロゴタイプ

ラヴェスト・ファームのホームページ

  食いしん坊が始めた ちょっと可笑しな農業

自然農法農作業日誌(18week)

天の声に従う、第3弾、4弾

4月28日 月曜日 曇のち雨 気温°C位 

「天の声に従う、第3弾」(笑)。ついに神ががってきたかと思われるような言い回しだが、そうでは無い。ただ、忙しい時期に2週間近くも寝込んでしまって、いろいろ時間が無くなってしまって言い訳にしている。そんなこともあって今年の定植の多分全部を不耕起栽培にしなければならない。去年から真剣に考えていたが、もう迷う暇がなくなってしまった。今日は、トマト(ミニ)とペパーミントを定植。

風が強かった。北風なので「やまじ風」ではない。多分、夜の内にいろいろ野菜に被害が出てしまうかも知れない。この時期大気のバランスが悪く、昨日もそうだが突風が吹く。

続きは「農作業日誌」のページでご覧ください L'ovest Farm

販売出来る野菜と果物などの情報 4月28日現在 L'ovest farm

  • —野菜
  • —山菜
    • フキ
    • タケノコ
  • —ハーブ
    • アップルミント(フレッシュ)
  • —苗

販売可能作物は日々替ります。その日の分がなくなり次第終了します。受け渡しは出来る限り対応させて頂きますが、都合でお断りする場合もございます。メール電話を頂けるとお答え出来ます。

サトウキビ残渣を敷いてみた、埋め込んでみた

現代農業 2013年 10月号 」をご覧になって来訪頂いた皆さん!!!「自然農法のジャガイモ (Potato) 馬鈴薯栽培」が掲載のページです。

執筆のご依頼を頂いてからワクワク、ドキドキしながら待っていました。嬉しいです。

野菜ソムリエ「SweeTomato」公式ブログ

しこちゅーの野菜ソムリエ”Swee T omato”の愉快な活動日記」イベント情報満載!!!

自然農法の野菜、果実、山菜等々の販売情報!!

ラヴェスト・ファームと野菜ソムリエの販売イベント情報。是非、のぞきに来て下さい。

食いしん坊が農業を始めたので、とにかく食べます。

 「美味しい野菜を届けたい。」とか、「安全で環境に優しい野菜を作りたい。」とか、いろいろ言いますが、「私が食べたいから作る。」が、本当のところです(笑)。何はともあれ、畑で生でかじってみます。それから、直ちに家に持ち帰り、調理して食べてみます。それは大抵、「酒のつまみ」の感じです。もちろん、夜はそれをつまみに酒を飲むのが、至上の喜びでもあります。正直すぎますが、これが、本音です。

 「美味しい」とか、「美味しくない」とかは、人により様々なので、「美味しい野菜」は、「キャッチコピーやポップには使えません。」と、よく言われます。また、「それは、自分で作ったから美味しく感じるんでしょう。」とも、言われます。確かに、「美味しさ」を、数値にはなかなかあらわされません。だから、「美味しい野菜」と、言ってはだめなのでしょうか。そうだとしても、「家の野菜は美味しいんです。」と、私は、いいたい。

続きは 「野菜をたくさん使った料理のレシピ集」のページでご覧ください。

周年栽培のダイコン

 「四国中央市で、6月にダイコンが作れるのか。」私には分かりませんでした。しかし、やらなければなりませんでした。初期の自然農法では、栽培できる作物に限りがある事と、その頃の四国中央市には、「やまじかぜ」という三大局地風が猛威を振るいます。それが、栽培出来る作物を、より限定していたからです。根菜類であれば、風が吹いて地上部を痛めても、地下部は販売に耐えるものが出来ます。

 「大根の漬物」が、予想を上回る売れ行きを見せたのが、今年(2011年)の2月でした。それは、切羽詰った末に出来上がった期待の薄い農産物加工品である「白首ダイコンの漬物」でした。出来の悪かった「白首大根」は、その品種すら一般的ではないのは知っていました。しかし、皆と同じものを作っても、産直では、価格競争に巻き込まれる上、残って引き取らなければならない可能性も高いのです。。。。。。。。。。。。。

続きは、「ダイコン」のページでご覧ください。

未完成のサイトをご覧頂、有難うございました。

2010年10月の畑の様子

 2009年の春に就農する以前から、サイトの立ち上げは不可欠だろうと考えておりました。しかし、慣れない農作業や、その勉強のために一日の殆どの時間を費やし、計画は棚上げになっていました。また、自然農法で栽培すると決めてからは、殆どの作物が出来ず、今度は、紹介するべき物がない状態が続きました。

 そんな折、SAKU:RI (サクリ)”という、フリーペーパーの雑誌の取材を受けることになりました。この雑誌は、フリーペーパーでありながら、しっかりした取材の、内容の濃い記事の多い野菜専門誌です。この雑誌は、野菜ソムリエさん達が作った特異な雑誌で、野菜ソムリエの西条支部になるベジフル・コミュニティ愛媛が発行しています。取材は受けても掲載されない事もあるからと思い、止せばいいのに、予定サイトアドレスの掲載を依頼してしまいました。それがなんと、掲載されると聞き、慌ててサイトを開設しなければならなくなりました。そして、このページが出来たわけです。いいきっかけでした。もちろん、サイトはこのままでは終わりません。伝えたいことが沢山あります。出来れば野菜を直接販売出来るようなサイト運営が出来ないものかと考えています。ラヴェスト・ファームは、もっともっと内容の濃いものにしていきます。

 現在は、体裁だけの、とても薄い内容ではありまが、これからを期待していただき、今後ともご支援頂けますよう宜しくお願い致します。

L'ovest Farm スタッフ一同

タンポポ 写真Wikipediaから

| プロフィール | サイトマップ | Privacy Policy | 連絡はメール、またはFacebookGoogle+にお願いします | ©20011 L'ovest Farm |
• 画像の無断転載、使用はお断り致します。 • サイト内のページは、予告なく移転又は、削除することがあります。ご了承下さい。
• リンクフリーです。 • 相互リンクは歓迎ですが、常識の範囲でお断りすることもあります。ご連絡下さい